日本語で命名できる! プログラマーのためのネーミング辞書「codic」

img:

「Googleのようなガリバー的IT企業が自国で芽吹きにくいのはソフトウェアが英語で動いているからだと思う」派の純日本人としては、コーディングの際に適切なネーミングに手を焼くことがしばしばあります。まあでもこれはほぼ語学力の問題なので抜本的な改善には英語に地道に慣れ親しむほかないですよね。。

今回は、いますぐにでも苦手なネーミングから開放されたいと今を生きるデベロッパーの為の心強い救世主をご紹介します。

プログラマーのためのネーミング辞書「codic」は、日本語で書いた変数名や関数名を英語に翻訳するWebサービス。プログラマーのためのネーミング辞書と銘打たれているだけあって出力はコーディングに最適化された形で生成されます。コピペで複数のワードも一度にさばけるので思いのほか効率的です。ネーミング苦手派の方にぜひ。

img:
  • codic
    • 新しいcodicでは、翻訳エンジンを搭載しネーミングをジェネレートできるようになりました。

基本機能

まずは基本的な機能、フォームに入力した日本語は→英語に変換されます。

img:

記法の選択

用途別に適した書き方を使い分けることもできます。選択肢は以下の通り。

PascalCase camelCase snake_case
SNAKE_CASE ハイフネーション 変換なし
記法について
プログラミング言語の命名規則まとめ なべろぐ

img:

Booleanを返す名前をつける

真偽値を返す関数などの命名は 〜(か)どうか?の疑問形で。

img:

複数系に変更

名詞の末尾にsを付けると複数形に変換される。

img:

このほかにも単語の並び替えやプロジェクトごとの共有など、さまざまな機能で効率よく管理できます。