ブログ記事の画像に打ってつけ! クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは?

img:

Web制作に携わっていると「クリエイティブ・コモンズ」という言葉を見聞きしたことがあると思います。

こげなやつです↓

img:

このマークはクリエイティブ・コモンズ・ライセンスといって、「ここにある作品は自由に使っていいですよ」という作者の意思表示で、もちろん作者が発行しています。

今回ご紹介するクリエイティブ・コモンズは作者が定めた条件に沿ってさえいれば著作権を気にすることなく安全に優れた作品を利用できるネット時代の新しい仕組みです。

ブログ初心者の方は特にですけど、記事に添える素材にはこのクリエイティブ・コモンズ作品をオススメします。本当に高品質なものが多いです。

ただしクリエイティコモンズ=好き勝手に使えるわけではありません。大抵の作品には作者からの利用条件が定められており、作者の意に反し、闇雲に乱用するとOUTとなりますのでマークが示す意味を正しく理解して安全に利用しましょう。

クリエイティブコモンズとは?

クリエイティブ・コモンズのロゴ

クリエイティブ・コモンズ(以下:CC)とは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、立ち上げられたCCライセンスを提供している国際的非営利団体の名称。

著作物の再利用の促進を目的とした国際的非営利団体

クリエイティブ・コモンズとは、著作物の適正な再利用の促進を目的として、著作者がみずからの著作物の再利用を許可するという意思表示を手軽に行えるようにするための様々なレベルのライセンスを策定し普及を図る国際的プロジェクト及びその運営主体である国際的非営利団体の名称である。

出典:クリエイティブコモンズ - Wikipedia

人の手によって生み落とされた知的創作物は必ず著作権の対象となります。CCライセンスは、ネット時代のために新設された、作品を流通させたい作者が「一定の条件の下に創作物を自由に利用しても良い」という意思表示するためのツールです。


CCライセンスの種類

CCライセンスは全6種あり、以下の4つの条件の組み合わせから構成されます。これらのライセンスを簡単に説明します。

CCライセンス4つの条件
  • 表示 : 作品のクレジットを表示すること
  • 非営利 : 営利目的での利用をしないこと
  • 改変禁止 : 元の作品を改変しないこと
  • 継承 : 元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開すること

これら4つの条件を組み合わせてできる6種類のマークを表現しています。組み合わせは以下の通りです。

表示
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示することを主な条件とし、改変はもちろん、営利目的での二次利用も許可される最も自由度の高いCCライセンス。
img:
表示-継承
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを主な条件に、営利目的での二次利用も許可されるCCライセンス。
img:
表示-改変禁止
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ元の作品を改変しないことを主な条件に、営利目的での利用(転載、コピー、共有)が行えるCCライセンス。
img:
表示-非営利
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ非営利目的であることを主な条件に、改変したり再配布したりすることができるCCライセンス。
img:
表示-非営利-継承
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ非営利目的に限り、また改変を行った際には元の作品と同じ組み合わせのCCライセンスで公開することを主な条件に、改変したり再配布したりすることができるCCライセンス。
img:
表示-非営利-改変禁止
原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、かつ非営利目的であり、そして元の作品を改変しないことを主な条件に、作品を自由に再配布できるCCライセンス。
img:

以上が4つの条件を組み合わせてできる6種類ライセンスになります。ご覧の通り最も緩い条件でも原作者のクレジット表示は必須となります。

CCライセンス作品にはこのいずれかのマークが掲示されています。気に入った作品はどんどん利用しましょう。

作品を使わせてもらうと思うとなんだか頭が上がらない思いですが、一方では利用者側も作品の流通促進に貢献しているとも言えるので、臆すことなく無く存分に流通させましょう。CCは利用者と提供者の双方にとってメリットを享受できる素晴しい仕組みですね。

CCの写真を入手できるサイト

最後にCCライセンスの素材画像を効率よく探せるサイトを紹介します。